• ホーム
  • 気になるまつ毛パーマ!その方法とは?

気になるまつ毛パーマ!その方法とは?

まつ毛にパーマをすることで目元の印象を変化させることができます。
どのようなものなのか興味を持っている人もいるでしょう。
実はまつ毛パーマは専門のサロンで施術を受けるだけでなく、セルフで行うこともできます。
サロンの施術とセルフで行う場合はどのような違いがあるのか知っておきましょう。

まつ毛パーマとは専用の液体を街毛につけ、ロットやビューラーの形に祖ってまつ毛の角度やカールの形をキープするというものです。
まつ毛パーマをすることで目元の印象がアップすることはもちろん、時短になるというメリットが挙げられます。
まつ毛をカールさせることになるため、化粧の際にビューラーを使う必要がなくなります。
また、まつ毛を持ち上げることにより、二重になるという人もいます。
そのため専用の化粧品で二重を作っている人にとってはさらに時短になると言えるでしょう。

まつ毛パーマの持ちには個人差もありますが、1ヶ月以上持続する人が多いです。
まつ毛エクステの場合は3週間程度しか効果が続かないため、長時間効果が持続するのは大きなメリットです。
サロンに行く頻度が少なくなるため、時間を有効活用できるようになります。

まつ毛パーマはまつ毛をカールさせているだけですし、お手入れがしやすいこともポイントです。
目元を触っても問題ありませんし、メイクを落とす時にもそこまで気を遣う必要はありません。
クレンジングや洗顔も普段通りに行うことができますし、水や湿気に強いというメリットもあります。

まつげパーマは専用のロットから好みのデザインのものを選んでまつ毛を巻き付けるタイプと、専用のビューラーで挟んでカールをつけるという2つの種類があります。
まつ毛パーマの価格は施術の種類やサロンによって異なりますが、3000~10000円程度になっているところが多いです。

手軽に印象を変化させたいという場合、セルフでまつ毛パーマを行うのがおすすめです。
セルフで行うためにはまつ毛パーマキットを使うと良いでしょう。
セルフで行うと価格が安くなるというメリットもあります。
まずはロットにグルーを塗り、瞼に貼り付けます。
まつ毛をロットに1本ずつ貼り付けていきますが、目尻のまつ毛を斜めにするように巻き上げることがポイントです。

次にパーマ液をロットに巻き付けたまつ毛に塗り、15分間放置します。
そして、1液をティッシュやコットンで拭き取ってから2液を塗りましょう。
最後に2液を塗り、15分後にロットを外したら完了となります。

セルフでまつ毛パーマをする場合、ロットの選び方が重要となります。
ロットにはさまざまなものがあるため、なりたいまつ毛のデザインで選んでいきましょう。
まつ毛の毛先に自然な角度をつけられるものやカールの形が綺麗になるもの、毛先に角度をつけずに扇状になるようにまつ毛を立ち上げるものなどがあります。